コボットに定型作業をまかせると、コスト削減と時間短縮ができる!

コボット(RPA)の紹介

人材管理や経理の清算の引継ぎは、定型作業が多いかと思います。

「定型作業」というと、単調ですぐに終わりそうなイメージがあるのではないでしょうか。

私はこれらの仕事にかかわったことがありますが、時間は取られるし、忙しい時期に重なると何かと大変です!

定型作業を他の人に任せるにしたって、手順書や引継ぎ資料を作らなければいけないし、ちょっとわかりにくいことが出てくると、手直しにも時間がかかる。

そうすると必然的に残業も発生したりしました。

そして「他の作業もあるのに忙しい!」と焦ってケアレスミスも発生したり。

今回は同じような悩みを持たれているかたに、これらの問題を解決してくれるサービスを紹介します。

定型作業をRPA(コボット)に任せることによって、時間が短縮され、コストも削減できちゃいますよ!

30秒でわかる「RPAかんたん診断」をしてみる>>>RPAコンサルティング

コボット(RPA)を導入するとどんなメリットがある?

5,000社もの運用実績から誕生したコボット

コボットは「ディップ」という会社が運営しています。

コボットを導入すると、どんなメリットがあるのでしょうか。

たとえば総務部や、経理部で行われている定型作業の負担が、次のように減ります。

<総務部、管理部>
社員やアルバイトの入社の手続きに、時間をとられる問題。

・月30時間かけていた入社の手続きが、コボットの導入することによって、月3時間に短縮

<経理部>
社員からあがってくる経費精算の確認、内容の照会作業。

・月50時間かかっていた作業が、コボットの導入することによって、月4時間に短縮

このように見ると、だいぶコストがかかっていますよね。

こんなにかからないでしょう、とおっしゃる方もいるかもしれませんが、複数人がかかわったり大きめの企業となると、あっという間にこれくらいかかります。

規模の小さな会社でも、総務や経理を兼務されている方は、とくに負担があるのではないでしょうか。

コボットの「RPAかんたん診断」は、日々の業務の時間や費用が、どのくらいおさえられるのか診断できます。

30秒でわかる、「RPAかんたん診断」>>>RPAコンサルティング

コボット(RPA)ってどんなサービス?

コボット(RPA)でできること

コボット(RPA)は、「定型作業に時間をとられ、本来の業務に注力できない・・・」といった悩みを解決してくれます。

RPAとは、Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)の略で、「パソコン上で行われる、作業や業務プロセスを自動化する」といったものです。

定型作業で自動化できるところは、どんどん任せたいところですよね。

たとえば、次のような定型作業を人に代わって実行することができます。

・入力・転記
・検索・抽出
・レポート集計
・メール配信
・伝票入力
・データチェック

コボット(RPA)について、わかりやすく紹介されている動画があるので、もし見られる環境でしたら見てみることをおすすめします。

2分ほどの短い動画ですが、わかりやすくまとめられていますよ。

RPAツールにはいくつかありますが、今回は「コボットPlatform(プラットフォーム)」を紹介します。

コボットプラットフォームは、基幹システムに登録された情報から、社員やアルバイトの入社手続きに必要な書類を自動で作成します。

作成された書類は、コボットが対象者にメールで送付

未提出者がいる場合は、コボットが自動でアラートを送り、返信を催促します。

また、カード明細や交通系ICカードの読み取りなど、クラウド上に上がってきた経費や確認作業を、会計システムなどにコボットが自動で転記

このようなサービスをコボットプラットフォームが代わりに行ってくれるので、かなり負担が減るかと思います。

コボットPlatformは、他にも便利なサービスがあります。

詳細はこちら>>>コボットPlatform

他にも応募対応や、営業といった業務のサービスを展開しています。
>>>HRコボットfor応募対応

>>>HRコボットforセールス&バックフォフィス

コボット(RPA)でできる定型作業はどんなの?

RPA(コボット)は次のような、一定のルールで行われる定型作業を自動化することができます。

RPA(コボット)でできること
・データの収集
・レポートの作成
・システムへの転記
・抽出・照合作業

そして負担が減った分、次のように人がやるべきことに注力することができます。

・データを分析
・レポートの成否の確認
・商品企画、アイデア
・顧客対応

定型作業を自動化し、本来の業務に集中することができるぶん、会社の売上に貢献できるということです。

「なんか導入するの大変そう・・・」と思うかもしれませんが、コボットはRPAに関するノウハウは一切不要!

コボット(RPA)でできること

とりあえず1業務だけ試してみたい。といったスモールスタートが可能。

RPA導入後の運用もサポートされるので、不明点はどんどん聞くことができます。

⇒コボットは、1か月の無料トライアルや、コンサルティングを実施しています。
⇒⇒⇒コボットPlatform

とりあえずお試しで導入してみて、どのくらいコストが削減できたか数値化してみてもよいかもしれませんね。

コボット:まとめ

コボットに定型作業を任せると、時間の短縮やコスト削減も実現できるでしょう。

また、人による単純なケアレスミスなども発生しなくなるので、選択肢のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。